ヤマハ、LMWコミューターの300ccプロトタイプモデル「3CT」をEICMAに出展

ヤマハ発動機株式会社は、イタリア・ミラノで開催される「EICMA」(ミラノショー 一般公開:11月8日~11日)に、300cm3水冷エンジンを搭載するLMW※1コミューターのプロトモデル「3CT」を出展します。

 当社では、中期経営計画で掲げた成長戦略のひとつとして、「ひろがるモビリティの世界」を推進しています。LMWはその中核を担う技術のひとつであり、「TRICITY125」(2014年発売)を皮切りに、高速道路の走行※2が可能な「TRICITY155」(2017年発売)、845cm3エンジンを搭載したLMW初の大型スポーツモデル「NIKEN」(2018年発売)と、ラインナップをひろげてきました。

 「3CT」は、フロント2輪が特徴のLMW機構を搭載したスポーツコミューターのプロトモデルです。旋回時の優れた安定感をはじめとするLMWの特長と、300cm3エンジンの組み合わせで、スポーティかつ快適な平日のコミューティング、週末のファンライディングを提案します。


https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2018/1106/eicma.html



カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文