バイク王、EVスクーターの新車販売を開始

イク王&カンパニーは、2018年11月1日よりEVスクーター(電動スクーター)の新車販売を開始することを発表した。
バイク王が今話題のEVスクーターの新車販売を始めます。取扱車種は株式会社MSソリューションズ(代表取締役:塩川正明、本社:福岡市博多区)が企画発売したEVスクーターブランド、XEAM(ジーム)のnotte(ノッテ)ならびにnotte V2。11月1日より、全国5店舗のバイク王でお求めいただけます。

 notteシリーズの特長のひとつは、その軽さ。国内で販売されている一般的な50ccバイクの重量平均が約75.5kgであるのに対し、notteの総重量は約64kgで、取り回しのしやすい軽量設計となっています。またカラーリングが豊富で、notteは全6色、notte V2では全10色のバリエーションから選べることも、華やかな気分で気軽にバイクライフを楽しみたい女性にはうってつけといえるでしょう。

 バッテリーは、コンパクトで着脱可能なリチウムバッテリーを採用。家庭用コンセント(AC100V)からバッテリーやバイクに直接つなげて充電することが可能です。一回のフル充電にかかる電気代は30円※ほどで、最大走行距離は約60kmと、圧倒的な低燃費もnotteシリーズの大きな魅力となっています。

今回販売を始めるのは、バイク王仙台店(宮城県)・上尾店(埼玉県)・小牧店(愛知県)・寝屋川店(大阪府)・福岡店(福岡県)の5店舗。各店舗には試乗車を用意しておりますので、ぜひnotteの軽快さを直接体験していただき、ご納得いただいたうえでご購入ください。初めて原付バイクを検討されている初心者ライダーの方でも、ご購入後の「1ヶ月点検」や「1年間のメーカー保証」があるので安心です。















https://www.8190.co.jp/news/2018/181101.html



カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文