ヤマハとGogoroがEVで協業の検討開始、台湾市場にヤマハブランドの電動スクーターを投入

ヤマハ発動機とGogoroは、台湾市場におけるEVビジネスでの協業に向けた検討を開始しました。

このたびの協業は電動二輪車の開発・製造委託およびバッテリー交換システムの共用に関するもので、年内の正式契約を予定しています。Gogoroの市販車をベースとしたヤマハブランドの電動スクーターのデザインをヤマハで行い、生産をGogoroに委託します。完成車両はヤマハの現地法人であるヤマハモーター台湾の販路を通じて台湾市場で販売します。第1弾モデルの投入は2019年夏頃を計画しています。
なお、本件については両社のビジネスパートナーである住友商事株式会社の協力を得ています。

ヤマハは1966年から台湾二輪車市場に参入し、現在ではヤマハモーター台湾で生産した車種を中心に年間29万台(2017年実績)の二輪車を販売しています。また、電動二輪車E-VINO(イービーノ)を製造・販売しており、日本への輸出も行っています。開発機能としては、ヤマハモーターR&D台湾を有し、主に台湾向けのスクーター開発を担っています。このたびのGogoroとの協業により、台湾市場におけるエンジン車を含めたラインナップ拡充を進め、電動車においてはGogoroが持つバッテリーステーションの活用によるユーザーの利便性向上を図ります。

Gogoroは2015年から台湾二輪車市場に参入し、自社製電動スクーターと、簡単にバッテリー交換ができるバッテリーステーションにより新しい電動二輪車ビジネスを展開しています。バッテリーステーションはGogoroエナジーネットワーク社によって現在までに台湾で750ヵ所以上に設置され、2019年には1,000ヵ所を超える予定です。なお、設置開始から1,700万回以上のバッテリー交換実績があります。Gogoroはこのたびの協業により電動二輪車の生産量拡大を見込んでいます。

https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2018/0911/collaboration.html



カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文

最近の投稿