【ホンダ】 最高出力を高め外観を新たにしたCBR250R 4月24日発売!!

ホンダは、CBR250Rの外観デザイン変更やエンジン出力を高めたCBR250R/同ABSを2014年4月24日(木)に発売する。また、「Repsol Honda Team」のカラーリングを施したCBR250R<ABS> Special Editionを同年5月20日(火)に発売する。

20140418_news_h101
20140418_news_h107
20140418_news_h106

外観を一新し各部の熟成を図った「CBR250R」と
レーシングイメージの「CBR250R<ABS> Special Edition」を発売




Hondaは、250ccのロードスポーツモデル「CBR250R」の外観を一新するとともに、エンジンの最高出力を高め、4月24日(木)に発売します。また、MotoGPで活躍している“Repsol Honda Team”のカラーリングを施した「CBR250R<ABS> Special Edition」※1を5月20日(火)に発売します。



CBR250Rのスタイリングは、二眼タイプのヘッドライトを採用し、よりスポーティーなフロントフェイスとしています。また、フロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。さらに、燃料タンクとスクリーンの形状を変更することで、精悍なイメージを高めています。このほか、シートとサイドカバーをスリムな形状として、足着き性の向上を図っています。



エンジンは、吸気系のインレットダクトとコネクティングチューブの形状と、バルブタイミングを変更することによって、低・中速域のトルクをキープしたまま、最高出力を従来モデル比で1kW高い22kWを実現しています。なお、60km/h定地走行テスト値では、従来モデルに比べ、0.9km/L高い50.1km/Lの良好な燃費性能も実現しています。新形状のステンレス製マフラーは、上質感とスポーティー感を高め、スタイリッシュな外観にも寄与しています。



車体色は、CBR250RはABSタイプも含めて、トリコロールイメージのロスホワイト、鮮やかなミレニアムレッド、精悍なブラックの3色を設定しています。CBR250R<ABS> Special Editionは、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスで活躍しているRepsol Honda Teamのカラーリングをイメージしたナイトリックオレンジ1色の設定。ホイールにも専用のオレンジカラーを採用するなど、レーシングイメージにあふれたモデルとしています。

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)/

 CBR250R ミレニアムレッド、ブラック/498,960円(消費税抜き本体価格 462,000円)

 CBR250R ロスホワイト/515,160円(消費税抜き本体価格 477,000円)

 CBR250R<ABS> ミレニアムレッド、ブラック/549,720円(消費税抜き本体価格 509,000円)

 CBR250R<ABS> ロスホワイト/565,920円(消費税抜き本体価格 524,000円)

 CBR250R<ABS> Special Edition/576,720円(消費税抜き本体価格 534,000円)

以下略

aaaaaaaaaaa

以下、引用元を読む

その他画像
【 CBR250R<ABS>Special Edition 】
20140418_news_h108

pct-01 (2).jpg
pic-02.jpg
pic-01.jpg

スポンサードリンク

ツイッターの反応

ヘッドライトは二眼タイプの方がかっこいいなー

スポンサードリンク




カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文